人気通販ショップで、自分好みのラグを探す、見つける、手に入れる。

お気に入りラグは通販で見つけよう!おすすめラグのまとめカタログ
HOME » 部屋全体のイメージ一新!インテリアとの相性と組み合わせ方例

部屋全体のイメージ一新!インテリアとの相性と組み合わせ方例

ラグを取り入れたインテリアを楽しむポイント

部屋の雰囲気には、配置されている家具や壁の色、カーテンやラグなどの色が大きく影響します。ラグを選ぶときや新しい家具を探すときには、色同志の相性、家具のタイプに合わせて選ぶと部屋のイメージをオシャレにまとめることができますよ。さらに自身の性格や、気分にあったイメージにすると部屋の居心地が変わります。色合わせのルールを知って、センスの良い部屋を作ってみてはいかがでしょうか。配色ルールを見ていきましょう。

類似色でまとめた場合

類似色とは近い色同志のことです。緑系ならペールグリーン、ライトグリーンなど色味が少々違う同じ系統の色を選ぶことで、ほんわかとした和みを感じるイメージにできます。部屋の雰囲気がまとまりやすく失敗がないので配色に自信がない人でもまとまった雰囲気の部屋が作れますよ。

補色(反対色相)でまとめた場合

補色とは色相環という色の輪で反対に位置する色同志のことです。オレンジにブルー、イエローにパープルなどお互いを補う色を選ぶことで異なる色でも安定してまとめることができます。ただしレッドにグリーンの場合は、彩度や明度に違いを持たせないとクリスマスカラーな部屋になることがあります。

同じ色相で異なるトーンでまとめた場合

ペールグリーン、オリーブグリーンなど同じ色系統で、明るさや鮮やかさが異なる色でまとめる方法です。明暗によるメリハリをつけることができるので、落ち着いた印象を持ちながらもスタイリッシュに魅せることができます。明色が多めか、暗色が多めかの比率を変えるとガラッと雰囲気が変わります。

異なる色相で同じトーンでまとめた場合

青系統と赤系統など、補色でもない違う色同志・異なる色相を同じトーンでまとめる方法です。色の明度・彩度が同じトーンを選ぶことで多くの色を配色しても雑多な印象を与えずにオシャレに魅せることができます。ペールトーン、ビビッドトーンなど、ラグ通販サイトの配色などを参考にしましょう。

色相もトーンも異なる色でまとめた場合

ペールトーンの薄いブルーに、ディープトーンの鮮やかなレッドなど、まったく異なるトーンや明度、色相でまとめる方法です。配色センスがかなり必要なため、まとまって見せることができるオシャレ上級者向けの方法です。失敗を避けるなら通販サイトのインテリアコーディネートなどを参考すると安心です。

まとめ

家具の色とラグの色だけでなく、床材の色味も部屋全体の雰囲気に大きく影響します。フローリングでもナチュラルブラウン・ミディアムブラウン・ダークブラウンなど明るさや色の雰囲気が違うので、ラグの色と床材の配色も考えながら、オシャレなインテリア配色を考えてみると良いでしょう。

気分を左右するインテリアの色

全体をバランスよく見せるには、全体の色の配分や適性比率を考えて配色する必要があります。また比率に合わせて色を取り入れるだけでなく、色の持つ効果を取り入れることでより良い雰囲気の部屋を作ることができます。元気になる色や落ち着く色など、効果で色を選ぶと、部屋で過ごす間の気分に良い影響を受けることができますよ。配色の比率と、色の効果から自分に合った部屋のイメージを作り上げてみてはいかがでしょうか。

インテリアで使用する色配分の基本

色の配色では、比率をベースカラー6:アソートカラー2:アクセントカラー1でまとめるのがオススメです。一番広い割合を占めるベースカラーは天井、壁色や見えている床の色など基調になる色になります。低彩度の色の方が落ち着いた印象になります。2番目に広い割合を占めるアソートカラーは、ベッド、カーテン、ラグなど大きな範囲を占める家具の色として取り入れます。アクセントカラーは彩度や明度など部屋全体の色よりも鮮やかな色を選ぶようにします。小さなテーブルの天板、スタンドライトやクッションなど占める範囲が少ないインテリアグッズに取り入れるのがポイントです。

色がもたらす効果

暖色と寒色、暗色と明色など色には雰囲気を左右する効果があります。例えば、レッド ・オレンジ ・ブラウン・ベージュ・イエローなどの暖色は、部屋に温かい雰囲気や華やかな印象を与えることができます。動的なイメージがあるので、エネルギーやパワーが欲しい人にも向いている部屋です。キッチンややる気が必要な作業場所などに取り入れるのも良いでしょう。逆に、寒色のグリーン・ブルー・パープル・ホワイト・グレーなどは、静かで落ち着いた印象やクールな雰囲気を演出することができます。静的なイメージがあるので、冷静さやリラックス効果、落ち着きが欲しい人に向いています。寝室やリビングなどくつろげる場所に取り入れるのがオススメ。

色から考えるインテリア

人は予想以上に色に影響を受けています。ラグや家具の色選びにカラーセラピーを取り入れると、心身ともに健康になることができるかもしれません。自分にとって、居心地の良い色選びをすることで、自身の精神状態が良い方向に向上することもあるでしょう。寝室やリビング、仕事部屋など、部屋の用途に合わせて、色の効果を考えた配色をしてみてはいかがでしょうか。また、こうした色の考え方にはカラーセラピー以外にも風水などで考えることができますよ。自分の状態に合わせて色を取り入れて、インテリアを選ぶのも良いでしょう。

【色別】ラグ選びで変えられる部屋の印象

色合わせによって、部屋の雰囲気を大きく変えることができます。「スタイリッシュに見せたい」「可愛く見せたい」「豪華に見せたい」など見せたいイメージに合わせて色を選ぶコーディネート例について紹介します。カラーやイメージ別で展開しているラグ通販サイトなどを参考にするのもオススメです。

レッド

レッドのラグを使ったコーディネートで、重厚感のある豪華なイメージを作るなら黒やダークブラウンのレザーソファーなどと合わせるのがオススメです。華やかに見せる効果があるので、ホワイトやナチュラルブラウンのベースカラーにレッドのラグを取り入れるとポップで可愛い印象になります。

オレンジ

レッドよりも色の個性が弱く、ブラウンに同化する色なので、他の配色とも合わせやすい色です。ダークブラウンの床やソファーにオレンジのラグを敷き、青系のアクセントを取り入れると、ハイセンスで温かみがある雰囲気に見せることができます。

イエロー

警戒色にも使われるイエローは、かなり印象的で華やかな印象をつけることができます。目を惹く個性的な色なので、一色で部屋を明るく見せる効果があります。イエローのラグやクッションと、グレーのソファーなどを合わせるとスタイリッシュな雰囲気になります。

ブルー

落ち着いた雰囲気のブルーは彩度が高くても主張が強くなり過ぎません。ブルーラグには、涼しげで落ち着いた印象に見せる効果があるので、寒色のホワイトよりもナチュラルブラウンやミディアムブラウン、オレンジなどの家具と合わせるのがオススメです。

グリーン

癒し効果の高いグリーンは、和みや落ち着きを与える効果があります。アースカラーのダークブラウンやナチュラルブラウンとの相性がよく、グリーンラグをホワイトのベースカラーなどに合わせるとナチュラルで開放的な雰囲気の部屋を作ることができます。

パープル

エレガンスな雰囲気を感じさせるパープルは、高貴さや神秘性を表す色です。ホワイトやナチュラルブラウンのベースカラーに、グレーやボーンイエローなどのスモーキーな色合いのアクセントにパープルラグを敷くとシャビーシックな印象に見せることができますよ。

ベージュ

柔らかい印象と落ち着いた雰囲気を持つベージュは、他の色や家具にも合わせやすい色です。ベージュラグを敷くなら、ダークブラウンなどの床色や家具の色で引き締めるか、オレンジやレッドやグリーンなどのアクセントカラーを足すのがオススメです。色を足しても柔らかな雰囲気を保つことができます。

ブラウン

重厚で安心感を持つブラウンは、引き締め色やベースカラーにもよく使われます。温かく、落ち着いた色味なので、居心地の良さを感じる部屋になります。ナチュラルブラウンやホワイトのベースにブラウンラグを敷き、ベージュをアソートカラーにすると落ち着いた部屋にできますよ。

グレー

基本のグレーはクールでスタイリッシュな大人の雰囲気を演出することができる色です。大人っぽく洗練された印象の部屋を作るならグレーが混じったスモーキーな色合いを選ぶのもオススメ。グレーラグは、合わせるカラーや色味でシャビーシックにもスタイリッシュにもなる協調性の高いカラーですよ。

ブラック

重厚感あるブラックは、部屋の雰囲気をスタイリッシュに見せてくれる色です。ナチュラルブラウンやホワイトのベースカラーにブラックラグを敷き、ベージュやグレーをアソートカラーにして、他の色をアクセントにすることでスタイリッシュな部屋にすることができます。

Pagetop